WordPress theme SWELL

米国株の概要と投資に必要な【株価指数5つ】をわかりやすく解説

米国株投資

米国株投資を始めたいと思っているのですが
米国株についてわかりやすく教えてください。


株式の用語や指数って難しいですよね。

米国株投資を始めるにあたり証券会社、株価指数、指数の計算方法について要点をわかりやすく解説します。

概要がわかれば米国株への投資が楽しくなります。


えんてぃ

米国株投資をしようと思っている方にわかりやすく解説します。




本記事の内容
  • 米国株投資の証券所について

    
  • 投資に必要な株価指数5つを解説






もくじ

株の売買を行う証券取引所はニューヨーク証券取引所とナスダック


えんてぃ

よくニュースでも出てくるので聞いたことあると思います。
米国で最も有名で取引が多い証券取引場です。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)NASDAQ(ナスダック)
概要歴史があり世界最大の証券取引所全米証券協会が開設。ハイテク関連、バイオ関連新興企業が多い
設立1817年1971年
合計時価総額約26兆ドル(2021年)約18兆ドル(2021年)
上場企業数約2800約3000
代表銘柄バークシャー・ハサウェイ コカ・コーラ P&G ジョンソン&ジョンソン スリーエム キャタピラー マクドナルド ETF アルファベット アップル フェイスブック アマゾン マイクロソフト テスラ エヌディビア ペイパル アドビ
証券取引所比較

聞いたことある企業ばかりですね。
時価総額が大きすぎてピンときません。




覚えておきたい4つの株価指数とVIX指数

よくニュースで出てくるダウとかナスダックとかのことですね。


証券取引所が2つあるのですが、それぞれに米国を代表する株価指数が設けられていています。

そして2つの証券取引所銘柄から時価総額の大きい銘柄を選んだ指数などがあります。

1.ニューヨークダウ

ダウ・ジョーンズ社が採用する株価指数です。

ダウ式平均株価指数であらわしています。

採用基準にあてはまる米国を代表する企業を組み入れています。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)が中心ですがナスダックの銘柄も少し組み入れられています。



・ダウ工業株30種平均(ニューヨーク・ダウ)
米国を代表するさまざまな業種の銘柄30種の株価の合計を銘柄数と除数で数値処理して割った指数。


他に

・ダウ輸送株20種平均

・ダウ公共株15種平均

・ダウ総合65種平均


があります。

2.ナスダック総合指数

ナスダックは上場している企業3000以上の全銘柄を対象とする時価総額加重平均で指数を表しています。

ナスダック100指数はナスダックの金融セクターを除いた上位100銘柄です。

ETFのQQQはナスダック100指数に連動したハイテク・IT銘柄中心のETFになっています。

1971年2月5日の終値114.12を基準の「100」ポイントとして計算しています。


3.S&P500種指数

S&Pはスタンダード・プアーズ社がニューヨークダウ(NYSE)とナスダックの企業の中から代表的な500社の時価総額平均荷重で算出されている指数です。

(アルファベットのように銘柄が多いものがあるので銘柄は500以上)

浮動株が多いのも特徴で取引の流動性が良く、ほかに米国企業の株価指数であることを意図しています。

また、組み入れ銘柄も業種の分散が効いているので、多くのETFなどのベンチマークとして使われています。

1941年~1943年3回の年末終値の平均を基準値「10」ポイントとしています。

1991年から2021年の30年間で330から4012ポイントとなり暴落しても右肩上がりで12倍程度上がってきています。



S&P500種指数(大型株)


他に

S&P100(500の中のさらに100の超大型株)

S&P400(中型株)

S&P600(小型株)

S&P1500(小・中・大型株)

などの指数があります。

4.ラッセル

1984年ラッセルインベストメント社が開発した米国の時価総額上位3000で構成される指数です。

時価総額平均荷重で計算されます。1986年の終値を基準値「135」としています。

もっとも投資家に使われるのは上位1001~3000までの小型株の指数を表すラッセル2000です。

目的は倒産の確立が高い小型株は景気に敏感で値動きが大きいことから、下落すると暴落の予兆として投資家からは見られています。

えんてぃ

小型株は暴落に敏感だから小型株に連動した指数のラッセル2000は
景気を見る指標になっているんですね。

5.VIX指数


株価に直接関係した指数ではないですが、S&P500を対象としたボラティリティ(株価の変動幅)指数です。

今後30日のS&P500の変動を予想VIX指数であらわします。

20を超えると警戒です。

指数÷3.464で予想変動範囲を計算します。

(例)20÷3.464=5.77%

株価の変動幅 5.77%

えんてぃ

これから先ののS&P500変動を予想し指数であらわしています





指数の算出方法


指数を算出するやり方は2種類です。

指数の計算は2種類あるのですね

えんてぃ

指数を計算するわけではないですが、相場を知るために計算方法を知っておくといいですよ。


株価平均型株価指数

組み入れ銘柄の株価指数を除数で除算(÷)して算出する指数です。

2種類あるがダウ平均株価はダウ式平均株価で計算されています。

単純平均・・・組み入れ銘柄÷銘柄数
計算が単純であるが、株式分割や併合時の株価の増減で単純平均に影響が出ます。

ダウ式平均株価


ニュースとかで聞いたことありますよ

アメリカのさまざまな業種の代表的な銘柄を選出して、株価平均型株価指数であらわします。



ダウ工業株30種平均(ニューヨーク・ダウ)
ダウ式平均株価・・・単純平均に加えて株式分割・併合時の株売数の増減時に除数の数値処理を行い算出します。

他にも

・ダウ輸送株20種平均

・ダウ公共株15種平均

・ダウ総合65種平均

があります。

えんてぃ

ニューヨークダウは意外とシンプルに計算された指数ですよね



時価総額加重平均型株価指数

組み入れ銘柄の時価総額を基準の時価総額(基準値)で除算(÷)であらわす指数です。

浮動株と呼ばれる市場で売買される株を時価総額とする浮動株基準の指数を採用しています。
(考え方としては時価総額=浮動株、売買されない固定株は含まれない)

えんてぃ

浮動株の時価総額を基準値で除算(÷)した指数です



時価総額加重平均型株価指数

ナスダック100指数

ナスダック総合指数

・S&P500種指数

ラッセル2000指数

・ラッセル3000指数







まとめ

米国株を買うには

  • ニューヨーク証券取引所

  • ナスダック

のふたつの大きな証券取引所で売買されます。

株価指数には

  • ニューヨーク・ダウ

  • ナスダック総合指数

  • S&P500種指数

  • ラッセル2000指数

の大事な4つの指数があります。


指数の計算には

  • ダウ式平均株価指数

  • 株式時価総額加重平均株価指数

を用いて計算します。

おわかりいただけたでしょうか?

覚えておくとこれからの投資活動に役に立ちますのでぜひ覚えてみてくださいね。




ブログ初心者

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

サラリーマン投資家

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

書評

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキング

米国株投資

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
もくじ
閉じる