WordPress theme SWELL

投資入門【基礎知識】債権と株式の関係をわかりやすく解説

困っている人

株式投資で10年債利回りと聞きます。
下がるとどうなるの?
上がるとどうなるの?

債権っていうとどういう仕組みになっているのかいまいちわからないですよね。

会社にとって投資は資本金なのに対して債権は負債扱いです。

投資は返す義務はないですが、負債は返すことになっています。

簡単に言えば債権が株式投資と違うのは満期になると元本が戻ってくるしくみになっている国債や社債をいいます。

・株価が下がれば金利が上がる?株価が上がれば金利が下がる?

・債権価格が下がれば金利が上がる?債権価格が上がれば金利が下がる?

・債権と株価の関係性は?

・債権ってどういう仕組み?


債権について知りたい投資入門者のかたへ解説します。



本記事の内容
  • 債権とは?債権のルール、利回りの見方、種類を解説
  • 投資家が気にする10年長期国債が債券利回りの指標になるのはなぜ?
  • 債権と株式の資金の流れについて





もくじ

債権は国や自治体、企業が発行した券です

債権1

債権とは

債権は国や自治体、企業が資金調達するために債権を売却し、返済までの期間は利子を払い返却日には満額返却してくれるものです。

債権のみかたとルール

基本ルールは

額面価格(例100円)で買った債権は満期に満額(100円)受け取れる



例えば

額面100円の債権・利率(クーポン)3%で10年債の場合

この債権を購入価格98円で購入したとします。

この場合10年間は額面の100円の利子3%=3円です。

額面に対しての利率が適用されます。

10年後までに額面の100円と

額面100円-購入額98円の差額の2円

と、利子3円を毎年×10年=30円

の合計132円が受取れます。

32円÷10年=3.2円/年

額面100円に対して3.2円/年=3.2%/年

最終利回り3.2%と表記されます。

債権の種類は?

公社債と債券は同じ意味合いで使われています。

公社債には公共債民間債があります。

国、地方自治体などの公共債
民間企業の社債などの民間債
があります

  • 公共債・・・国が発行する国債と地方自治体が発行する地方債
    • 国債・・・国が発行した債券
    • 地方債・・・地方自治体が発行する債券
  • 民間債・・・企業が発行した債券
    • 社債・・・電力債、一般債など企業が発行する債券
    • 円建外債、外貨建外債(外国債)・・・国際機関や外国政府が発行する債券
    • 金融債・・・信用金庫が発行する債券


国債には利子が払われる利付債と額面が割引されている割引債の2種類があります。

  • 利付債・・中期(2年~5年)、長期(10年)、超長期(20年、30年)で採用される。毎年利子が払われる。
  • 割引債・・・短期国債(6ヵ月~1年)で採用される。額面価格が割り引きになる分利子が払われない。

債権には信用度で格付けされています。

AAA~DDDなどで評価されています。

国債、地方債は信用度が高いです。

逆に社債でジャンク債と呼ばれるものは信用度が低く避けた方がいい部類です。

株式と債券の違いは?

債権2

株式と債券では表記方法が違っていて株式は価格であるのに対して、債券は利回りであらわされます。

違いについて一覧を見てみましょう。

スクロールできます
リスク
表示中身株、債券の元本の請求
株式高い価格1銘柄、投資信託、ETFは複数値上がり値下がりした分の株価がすべて
債権低い利回り複数銘柄満期に額面価格満額が返済される
株と債券の違い

債権がどのようなところで運用されているのか解説します。

10年国債が金利の指標になる理由

債権3

10年長期国債が金利の指標となる理由です。

  • 証券会社や銀行など機関投資家によって取引される頻度や額が多い
  • 新しく発行される新発債が出回る時の利回りが基準になる
  • 国債は信用度が圧倒的に高い

といった理由が挙げられます。

これらの理由があり10年国債は債権の利回り指標となります。

株式市場にも影響する債券利回りを日ごろから確認しておくことが大切ですね。

景気で変わる株式と債券の関係

債権4

ここまでわかれば後は株式市場との関係です。

株価と債券の関係を見てみましょう。

債権の購入価格が上がれば最終利回りが下がる理由

よく利回りという表現がされますが最終利回りを意味します。

最終利回りとは満期まで債権を持った場合の最終的な債権の利益回りのことを指します。

購入時の債券価格の変動で利回りが上がったり下がるはなぜでしょうか?

それには、次の計算式を使うことでわかります。

利回り計算
利回り計算

債券の価格が変動することで利回りが変化することがわかります。

では次に債権の価格がどうして変動するのか考えてみましょう。

利回り計算2
購入価格上昇後利回り

購入額の上昇で利回りが低下していることがわかります。

債権が【%】であらわされるのは債券は購入価格だけではなく利率と購入価格の関係で最終の利回りが変わる仕組みだからです。。

女性

債権は価格だけでは表せることができない
から最終の利回りが重要ってことですね

では、なぜ購入価格がかわるのか解説します。

債権の購入価格が変動するの理由とは

債権の価格が変動する仕組みは

債権を売りたい人 < 買いたい人  ⇒ 債権購入価格が上がる

債権を売りたい人 > 買いたい人  ⇒ 債権購入価格が下がる

といった需要と供給の関係です。

株式投資でも同じですが、買いたい人が多ければ需要が増えるので価格が上昇します。

先ほどの計算から見れば債券価格が上がると利回りは下がりますね。

需要と供給の関係は理解しておくと便利ですね。

女性

欲しい人と売りたい人=需要と供給の関係は株式と同じですね

市場での株式と債券の関係

債権の利回りの上がり下がりの原因の一つに

  • 雇用、消費者物価、景気指数、コロナ、小売、住宅販売、平均時給など株式市場に懸念材料があると資金が債券市場に流れ込みます。

一般的な法則として株式からの資金抜けで債券が買われて購入価格が上がり利回りが下がるのはこのためですね。

景気がいい状態

        業績がいい企業は設備投資

             ⇩

        企業は債券を売って資金確保したり銀行からさらに借り入れ

             ⇩

        銀行も儲けるため金利を上げる

             ⇩

        金利は上昇する

景気が悪い状態

         業績が悪い企業は借り入れできない

               ⇩

         日銀やFRBの政策金利引き下げ

               ⇩

         銀行の貸し出し金利も下がる

               ⇩

         企業は借りやすくなる

このように経済にはいい時や悪い時の流れがあります。

2021年現在では、経済が成長するために日銀やFRBによって債権買いが行われており意図的に金利が低い状態になっています。
経済の成長が見込めれば債券買いは縮小され(テーパリング)、そのあとに政策金利も引き上げになります。

女性

日銀やFRBはチェックですね

債権市場の仕組みを理解したらリスク回避に役立ててみましょう

債権5

株式投資には債権の理解も必要なことはお判りいただけたと思います。

■債権とは

国債や社債などの債権のことで一般に満期まで保有することで元本と利子が払われる

■債権には信用度でランクがありAAA~DDDなどで格付けされ、国債は信用度が高く低いものはジャンク債といわれリスクが高い

債権は利回り【%】であらわされ利率と購入価格で利回りが変化する

重要なのは

■債権が買われると

金利が下がり債権が売られると金利が上がる

■インフレ(物価上昇)し過ぎると

金融政策が入り金利が引き上げられ景気が悪くなる

■経済成長が低いと

金融政策が入り債券買いや金利引き下げで金利が下がり景気を良くしようとする

ということです。



このようなしくみを踏まえて債権を理解するとこんなメリットがあります。

債権を理解するメリット

  • 投資の資金は株式だけではなく債権や金などの市場にも移動する
  • 株式投資に比べ債権は元本が持ってくる上に利子もつくのでリスクが低い
  • 株式投資に比べリターンは低いかもしれないが変動が少ない分、1割~2割ポートフォリオに組み入れておくのもいい
  • 貯金だと利息が低くインフレ(物価の上昇率)についていけない。

    信用度の高い債券投資だとインフレに少しでも対応できて物価上昇対策になる

といった自分の投資に役立つことがたくさんあります。

もっと理解したい人にはこんな書籍もあります

債権を勉強する方法

1.YOU TUBE

2.ブログ

3.書籍

4.証券会社などのセミナー

があります。



筆者いちおし書籍です。
優しい債権の本とありますが、ド素人には最初は聞き慣れないことや仕組みを理解するのに難しいかもしれません。
市場の資金の流れを掴むには株式投資だけでなく債権市場もチェックしましょう。

わからなくても何回も読みこんで債権を理解しましょう。




以上です

ご覧いただきありがとうございました。



>>投資初心者におすすめの証券口座を比較5選

サラリーマン投資家

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

書評

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
もくじ
閉じる