WordPress theme SWELL

米国株初心者の勉強になる米国市場【セクター】まとめ

米国株 セクター解説

米国株個別株について種類がしりたいです

えんてぃ

個別株投資では様々なセクター(業種)にわかれています
この記事では各セクターと景気の反応について解説します



本記事の内容
  • 米国個別株のセクター11がわかるので、どこに投資すればいいのか考えられるようになる

  • 各セクターのローテーションを知り、景気の循環とリスクを考えられるようになる

  • セクターETFで分散投資という手もある








もくじ

11あるセクターの特徴を知ることで自分の投資基準を明確にできる

ヒートマップ図
出典:Finvizヒートマップ
えんてぃ

米国企業は11のセクターという業種に分類されています。
細かく言えば11の大きな業種からさらに各業種に分かれています。

投資を始めるときに個別銘柄は覚えるのですが、セクターを最初に覚える人は少ないと思います。

筆者も配当利回りやPERなどの個別のみの銘柄でいいか悪いかしか見ていませんでした。

いつも絶好調の銘柄はありません。

景気には循環があります。

その景気の循環を知るということはをセクターの循環を知ることでもあります。

11のセクターとその中身の特徴を知ることが自分のやりたい投資になるはずです。


  • 自分が投資する業種の資産や資金の流れがわかる

  • どこに投資すればいいのかの判断になる



セクターの種類と概要



セクターの内訳です。


結論から言うと、過去の実績から景気が落ち込んでも影響が少ない公益・生活必需品・通信セクターが大崩れしにくいという感じです。

ですが、これからの未来は絶対に安心というわけではないので見極める必要はあります。


  • 一般消費財(CONSUMMER CYCLICAL)・・・アマゾン、テスラ、ウォルマート

  • 資本財(INDUSTRIALS)・・・ハネウェル、ユニオンパシフィック、ボーイング、3M

  • 素材(MATERIALS)・・・エアープロダクトアンドケミカルズ、シャーウィン、ニューモント

  • エネルギー(ENERGY)・・・エクソンモービル、シェブロン パイオニアナショナルリソーシズ

  • 公益(UTILITIES)・・・サザン、デュークエナジー、ドミニオンエナジー

  • 生活必需品(CONSUMMER DEFENSIVE)・・・プロクター&ギャンブルズ コカ・コーラ、ウォルマート、ユニリーバ、キンバリークラーク

  • ヘルスケア(HEALTH CARE)・・・ジョンソン&ジョンソン、ユナイテッドヘルス、ファイザー、メルク、アッヴィ

  • 通信サービス(COMMUNICATION SERVICES)・・・フェイスブック、アルファベット、ベライゾン、ウォルトディズニー

  • 金融(FINANCIAL)・・・ブラックロック、バンクオブアメリカ、JPモルガン

  • テクノロジー(TECHNOLOGY)・・・アップル、マイクロソフト、AMD、エヌビディア

  • 不動産(REAL ESTATE)・・・アメリカンタワー パブリックストレージ、エクイティレジデンシャル

セクターは11に分類されていることがわかりました。
特徴と景気への影響が気になりますね



えんてぃ

セクターによって景気への影響が出ますので、どういうものなのか次で見てみましょう。




セクター別の特徴



ではそのセクターの中身はどうなっているのしょう。

一つずつ解説していきます。

一般消費財・・・普段私たちが一般に使用している自動車、服などのアパレル、遊ぶ時のレジャー用品などと外食するときのレストランや泊まるためのホテルといった普段から身近に受けるサービスを提供してくれている企業が入っている業種になります。


一般消費者への影響があり景気に敏感ですので景気への影響大きいです。知っている企業も多いので業績を勉強して少しだけ投資して景気への影響を感じてみるのもいいかもしれません。


小売、製造業は私たちの生活でも身近な存在なんですね




資本財・・・企業に建設機械という機械設備、鉄道関係や航空機など製造・販売するサービスを提供する企業が属する業種です。


企業が設備するものですので、相手企業が景気悪いと悪くなるのでいい時も悪い時も景気への影響特大です。

相手企業がたくさん設備への投資をしてくれれば売り上げが増え株価も上がります。設備は安いものではないので景気の良し悪しが警戒ポイントです。



私たちの生活を支える輸送、鉄道、建設などの企業の景気がそのまま反映されるんですね。



素材・・・原材料から原料や材料を作り出しそれを使う企業にサービスを提供する企業が属する業種です。


原材料は絶対使うものですが、仕入れる量を減らされるなどするので景気への影響大です。

原料などは先物取引で取り扱われるので業績の良しあしと、他のリスクも絡んできます。



原材料(自動車の塗料など)自動車の生産状況が多いとと良かったり卸売先の業績に左右されますね。



スクロールできます
景気が好況時上がるセクタ-景気の影響株価の変動初心者
一般消費財大きい銘柄による
資本財大きい銘柄による
素材大きい×
景気がいい時に安定しているセクター
えんてぃ

銘柄によるというのはやみくもに買うのではなく競合企業などの業績なども勉強した方がいいという意味です。



エネルギー・・・原油・ガスを製造・販売する企業が属する業種


今の世の中では原油・ガスを使わないわけにはいかないので景気が悪い時でも影響が少ないです。

ですが、原油取引などの影響が大きいので株価の変動が大きくなります。

金融が上がれば景気上向きでエネルギーが上がれば景気後退という見方にもなります。


原油の先物取引などでの状況によって左右されるので初心者には厳しい感じですね。


スクロールできます
景気が後退期になると上がるセクター景気への影響株価の変動初心者
エネルギー大きい×
後退期に入る時のセクター




公益・・・電気・ガス・水道の供給をサービスする企業が属する業種


ライフラインでもあるので景気へ影響も低く株価の変動も安定しています。

しかし、過去は暴落が低く済んでいてもさまざまな要因が絡んで暴落するかもしれないので経済の動向はみておいたほうがいいです。


公益は比較的安定していて配当金も良さそうです。
でも、他の状況で関係して業績悪化になることもあるから気を付けないとね。



生活必需品・・・一般消費財と違い私たちの生活に欠かせない必需品・日用品を提供する企業が属する業種


生活必需品なので需要の落ち込みも少ないので景気の影響を受けにくいです。

株価の変動も少ないです。

個別銘柄投資初心者が最初に始めたいセクターだと思います。



生活必需品は私たちも使っている商品が結構ありますね。
なくてはならないものは安定しています。



えんてぃ

生活必需品セクターについて深く知ることで安定供給される投資先を見つけましょう。








ヘルスケア・・・医療機器や医療品などの健康維持・管理時のサービスを提供する企業が属する業種


医療機器や医療品も安定した供給が望まれるものなので景気への影響は少ないと言えますが、株価の変動の要因が医療品の特許申請や期限切れや企業買収などリスクが2つも3つもあるので投資するのであれば企業の分析をしましょう。


医療は薬やワクチンの特許が取れたりするときはいいですが、特許が切れたり他の影響を受ける可能性もあるんですね。
ニュースをチェックしたほうがいいですね。



通信サービス・・・ブロードバンドや5Gなどの通信システムを提供する企業が属する業種


今はインターネットが必要とされていますしこれからも必要とされる業種です。

景気への影響は少ないです。

株価の変動なので暴落時の落ち込みがS&P500などと比べてもやや緩やかでリスクを抑えたい初心者にも購入しやすい業種です。



グーグルとかフェイスブック、ベライゾンなど名だたる資産価値が多い企業のセクターですね。通信業界はこの先も発展しそうですね。




スクロールできます
不況時にも安定している
セクター
景気への影響株価の変動初心者
公益少ない
生活必需品少ない
ヘルスケア普通銘柄による
通信サービス少ない
株価の変動が少なめセクター
えんてぃ

株価の変動が少なく暴落に強いセクターが初心者にはいいですね。
ただ、ヘルスケアは企業の業績と他の政策や特許などの絡みも出るので企業の情報はチェックを欠かせませんね。



金融・・・保険、証券、資産運用などのお金を扱う銀行や保険会社、資産運用会社が属する企業


銀行の株価が上がるということはお金が回っているので景気が上向きになってきていることがわかります。

お金の動きが大きいのと株価の変動も大きいです。

エネルギーが好調だと景気後退期で金融が好調だと景気が良くなってきているという見方が出来ます。



金融セクターの出来が景気の変わり目ですね。



情報技術・・・半導体製造、ソフトウェア開発などコンピュータのシステム、製品開発関連企業が属する業種


お金が世の中に回りだすと投資家の企業への成長が期待されるため期待値も織り込んで株価が上昇します。

半導体やコンピュータソフト、システム関連は株価の変動も大きく景気の影響も受けやすくなっています。



ソフトウェア開発や半導体業界は資産額も大きいし資金の流動性もあって忙しいかもですね





えんてぃ

システムを作り出すIT企業や、コンピューターに必要な半導体があります。
半導体はこれからの時代には重宝されています。



不動産・・・不動産企業や一般の方々からお金を集めて不動産に投資するREIT(リート)と呼ばれる投資信託が属する業種


景気に左右されて回復期に上がり後退期には落ち込みます。

金利の上げ下げや、物価の上げ下げにも影響されます。

不動産はより知識が必要とされますので投資に慣れてきてからのほうがいいでしょう。



同じ投資でも不動産となるとまた違う知識を必要としそうですね。




スクロールできます
景気回復時に上がる
セクター
景気への影響株価の変動初心者
金融大きい×
テクノロジー大きい銘柄による
不動産景気や他の指標にもよる×
回復期セクター
えんてぃ

株価の変動が大きいので知識と経験が必要になりますので初心者はあまり無理をしなくてもいいのかなという感じです。

テクノロジーも期待値が適正なのか業績を調べたりしないと変動についていけません。



株価変動が大きいのは避ける。

リスクが2つ3つあるものは避ける。

景気への影響を受けやすいセクターより最初は暴落に耐性があるセクターで守りを固める。

セクターETF

ETFって何でしたっけ?

ETFは指数に連動するパフォーマンスを目指す上場信託の詰め合わせパックです。

各セクターごとに銘柄を集めたETFもあります。

個別銘柄がわからない方は銘柄の分散が効いているし、何より組み入れ銘柄も時価総額が多い上位の銘柄なのでバランスを保

ってくれます。

スクロールできます
銘柄経費率直近配当利回り1年リターン5年リターン
VCR(一般消費財)0.10%0.15%63.18%21.36%
VIS(資本財)0.10%1.03%65.34%15.52%
VAW(素材)0.10%1.18%70.01%15.48%
VDE(エネルギー)0.10%3.79%-1.31%48.51%
VPU(公益事業)0.10%2.65%21.43%9.93%
VDC(生活必需品)0.10%2.07%30.57%9.55%
VOX(通信サービス)0.10%0.59%48.60%10.50%
VHT(ヘルスケア)0.10%1.06%27.80%15.31%
VFH(金融)0.10%1.65%75.53%16.65%
VGT(テクノロジー)0.10%0.69%44.35%29.57%
ブルームバーグHPより作成:(2021.5.22)


セクターのローテーションで景気循環を知る

景気の循環についておしえてほしいです

各セクターには四季で言う春夏秋冬のように好況→後退→低迷(不況)→回復→好況といった各セクターがあてはまる位置があります。

もちろん景気はこれだけで決まるものでもなく米国の政策や社会情勢などの絡みもあり、すべてが当てはまるとは限りません。

好況の時に上がりやすい業種、不況の時に耐えられる業種があることを確認しておましょう。

セクターローテーション
セクターローテーションイメージ


投資をするには市場全体の資金の流れを日ごろから確認することが大切なのですね。

えんてぃ

投資を始めるとあれもこれも買ってしまいがちですが、配当重視なのか値上がり益重視なのかを大事にしたいですね。






まとめ

最低限覚えてないと駄目な投資になります。

セクターの数と種類、セクターETF

  • セクターは11に分類されている。

  • セクターローテーションで11セクターが景気のどの位置にあてはまるか確認をする。




知識をどう活かすか?

  • セクターローテーションを知ることで米国の景気がどういう状況にあるかの指標になる。

  • エネルギーと不動産セクターはリスクが大きすぎるので最初はやめておく。
    それ以外のセクターはよく確認して買う。

  • 景気後退はエネルギー、景気回復は金融を目安にする。

  • 不景気になると株式から金や債券に資金が移動する。


えんてぃ

という感じです。
参考になれば幸いです。
わからなくても自分で考えをもって行動しましょう。



ブログ初心者

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

サラリーマン投資家

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

書評

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキング

米国株 セクター解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
もくじ
閉じる